グルコサミン


グルコサミンってどんな効果があるの?

グルコサミンはアミノ酸と糖が結びついてできた成分です。「細胞間質」の一種です。この細胞間質とは、読んでその通りで、細胞と細胞の間にあるすき間を埋めるものです。

グルコサミンに興味をもつ人はまずは、ヒザに問題のある人でしょう。

関節痛の改善をセールスポイントにしたサプリメントの多くに配合されています。これはテレビCMなどで、皆さんもさんざん商品名は聞かされているでしょう。

このグルコサミンがあることで、軟骨の生成が促されます。

関節痛が起きるのは多くの場合、軟骨がすり減っているためです。これは運動のし過ぎでも起こることがあります。あるいは単に年をとってもそうなります。悪化すると、さらに関節部分の変形にまで進みます。

軟骨は関節部分で、骨と骨が直接ぶつかり合うのを防ぎ、また、スムーズに動くようにもしています。つまり、クッションと潤滑油の両方の役割を果たしているのです。

この軟骨の中で、膨らみとなる水分を保っているのが、コンドロイチン、ヒアルロン酸、プロテオグリカンなどです。ですから、グルコサミンだけではなく、これらの成分を同時にとることがしばしば推奨されます。

また、グルコサミンが存在するのは軟骨ばかりではありません。靭帯、皮膚、爪、心臓の弁などにも含まれています。

ですから、グルコサミンをとるは、お肌の調子を整えることにもつながります。

また、血小板の凝集を抑える効果もあリます。これはグルコサミンが動脈硬化や脳梗塞の予防にも役立つということです。

グルコサミンとコンドロイチンの違いって何?

関節痛に悩むような人たちがサプリメントを探していると、かならず目につくのが「グルコサミン」と「コンドロイチン」でしょう。

それぞれ単独で商品の目玉の配合成分になっているものもたくさんあります。が、しばしば両方入っているものもみかけます。

いったいどう違うのでしょうか。また、これらのうちからどれを選べばいいのでしょうか。

まず、グルコサミンとは、「細胞間物質(細胞間マトリックス)の一種。構造的には糖とアミノ酸の結合でできている」というものです。

これでは難しすぎますので、「軟骨の再生を促す物質」と考えておきましょう。関節痛に関係するのもこのためです。

軟骨があることで、骨と骨が直接ぶつからずに済むのです。

一方のコンドロイチンです。「ムコ多糖の一種」です。これは保水性のある物質です。

同様のものではヒアルロン酸があります。ヒアルロン酸はお肌の中で水分を保って、体積を維持するため、ハリ・ツヤにかかわる成分として知られています。

コンドロイチンは軟骨の中で水分を抱え込んでいます。

つまり、グルコサミンで再生が促された軟骨が、ちゃんとクッションとして膨らんでいるのはコンドロイチンがその中で水分を保っているからなのです。

コンドロイチンは体内で作り出すことができるほか、山芋、オクラ、ウナギ、納豆などにも含まれています。が、量が十分ではありません。

なので、サプリメントに頼るのもしかたのないところでしょう。

まずは、グルコサミン配合のサプリを試し、効果が十分でなければ、コンドロイチンも合わせて使うように考えてみましょう。

人気のサイト案内

脱毛専門サロンにおける全身脱毛をしてもらう時間は、ムダ毛の量や濃さ、柔らかさなどによってピンからキリまであり、剛毛みたいに濃くて丈夫な毛のケースは、一回の処理の時間も長時間に及ぶみたいです。

http://xn--i-jeu4czg4a0a5e.net/

巷で多い脂肪吸引はカニューレという名称のストローのような形状の管を挿入し皮下脂肪をくまなく吸い取る治療。それなりに大掛かりな手術である事は確かであり、副作用や手術による合併症のリスクが心配である。

名古屋の痩身エステ@ここがおススメ!

永久脱毛で利用されるレーザーをピンポイントで照射した結果、毛母細胞を刺激することが可能ですから、再度生える体毛は細くてあまり伸びず、黒々としていないものに変化していきます。

横浜 メンズ 脱毛


ページの先頭へ